プロフィール

izari.

Author:izari.
お日様と夏と海とダイビングが大好き♪
いつの日か・・、アジアン雑貨に囲まれて、南の島に住むぞ~っ。

今は「カエルアンコウ」って名前になっちゃったけど「イザリウオ」が大好きなので「いざりぃ。」と名乗っております。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

須佐神社へ ~出雲旅8~

やっぱりここにも行かなきゃいけない【須佐神社】
神々の国出雲でも最近注目のパワースポットのひとつです

izumo-51.jpg

ヤマタノオロチを退治した英雄である須佐之男命(すさのおのみこと)に関わりが深く、『出雲国風土記』の須佐郷の条には、須佐之男命が当地に来て最後の開拓をし、「この国は小さい国だがよい国だ。自分の名前は岩木ではなく土地につけよう」と言って「須佐」と命名し、自らの御魂を鎮めたと記されています。(HPより)


izumo-52

全国には須佐之男命ゆかりの神社が数多くありますが、ここは唯一須佐之男命の御魂を祀る神社で、祭神はほかに稲田比売命(いなたひめのみこと)、足摩槌命(あしなづちのみこと)、手摩槌命(てなづちのみこと)とヤマタノオロチ退治に登場する四神が祀られています。ご利益は良縁・子孫繁栄・家内安全・諸障退散など。

izumo-53


樹齢1200年といわれる大杉

izumo-51

幹周りは6メートル、樹高は24メートル余りのまれに見る巨木で、
幹から大地へと這う見事な根には生命の源のような力強さを感じます。



そして、須佐神社の横にある味処「すさのお」で遅めのランチを。

izumo-54

名物の【雉そば】&【炊き込みご飯】を須佐神社を見ながらいただきました




ここにも立ち寄らなければ【出雲須佐温】

izumo-56


特に硫酸塩泉は、昔から「脳卒中の湯」とも言われ血圧の高い人や動脈硬化症、肥満症、便秘症の人などによいとされます。またナトリウム・カルシウムが大く 含まれているため外傷、火傷、痔症、手術後の回復などに効果が高く、さらに皮膚に対する作用も高いため、慢性皮膚症やアトピー性皮膚炎などにも効果があります。

めちゃくちゃいい温泉でした




最後に向かったのがココ【荒神谷遺跡】
izumo-57


荒神谷遺跡
1984年に銅剣358本、翌年の1985年にはそこから7mほど離れた地点で銅鐸6個、銅矛16本という大量の青銅器が出土し、これらは全て1998年に「島根県荒神谷遺跡出土品」として国宝に指定されました。
それまでの銅剣の出土総数は全国において約300本、それを一ヶ所で上回った荒神谷遺跡は当時の日本古代史学・考古学界を大きく揺るがす大発見でした。(HPより)


残念ながら、閉館時間ぎりぎりの到着だったので、どこの見学できませんでした


でも、見事な古代ハス(正式名称:大賀ハス)は見ることができました

izumo-58

2千年の時を経て毎年夏になるとたくさんの花を咲かせるんだそうです。


そして、出雲一人旅は終了しました
また必ずここに戻ってこよう



スポンサーサイト

テーマ : ゆっくり、自由に、一人旅 - ジャンル : 旅行

大社駅&風穴 ~出雲旅7~

そして旧大社駅へ。

izumo-45.jpg

大正13年の建造で、国指定重要文化財に指定されています。明治45年の開業から1990年のJR大社線の廃止まで、出雲大社の玄関口でした。全国でも珍しい神社様式を取り入れた格調ある木造建築で、大正ロマンを感じるノスタルジックな駅舎とホームは当時のまま残されています。(HPより)




次に向かったのはココ【八雲風穴】
izumo-44

この竪穴から涼風が吹き上げてきます。

izumo-45

地下2階は10度以下

izumo-46

約450年前隣接するお寺「福泉坊」の開山の頃から「清涼山」と呼ばれ、冷風を発する地域だったと伝えられています。

涼しい天然冷房!!
外は暑かったのに、ここはとっても涼しいというか、寒いぐらいでした。



テーマ : ゆっくり、自由に、一人旅 - ジャンル : 旅行

日御碕灯台&○○ ~出雲旅6~

日御碕神社があるのはこの位置。

izumo-36

徒歩では約10分なんだけど、車で5分のところにある灯台に向かいました。

izumo-37

明治36年(1903)に設置され、高さは43.65m、海面から灯塔の頭上までは63.30mと日本一の高さを誇ります。
光度は48万カンデラで夜間約40km沖合まで達し、108歳の今なお現役で海の安全を守っています。(HPより)



参観料200円で灯台上部の展望台へと上がりました。

実はこの灯台・・・土足禁止なんですっ

izumo-38


駐車場から灯台に向かう道には露店が並び、イカ焼きやサザエを焼いてました。
ってことでサザエを~いただいちゃいました


izumo-381


サザエをいただいているときに、お店のおばちゃん達と話をしていたら、
この裏手に小さな祠があるんだよ~って。

しかも実はスサノオが、、「吾が神魂はこの柏葉の止まる所に住まん」と柏の葉を投げて占ったところ、柏葉は風に舞いこの日御碕神社背後の「隠ヶ丘」に止まったということになっているけど、実は最初に降り立ったのがこの場所だと言い伝えがあるって教えてもらったので、行かなきゃ

おばちゃんたちのところから歩いて1分のところにありました。

izumo-40

ひっそりとしたとても静かなこの場所に鳥居と、垣根に囲われた立派な柏の木が。

izumo-41

そしてこの柏の葉は、日御碕神社の神紋【三ツ柏】になっています。

izumo-42


こここそ、本家本元のスタートの場所なんだと思うと、うれしくなりました。
おばちゃんの店でサザエ食べてよかったぁ~


テーマ : ゆっくり、自由に、一人旅 - ジャンル : 旅行

日御碕神社へ ~出雲旅5~

そして、もうひとつどうしても行きたかったのがココ【日御碕神社】


日御碕神社
島根半島の西端に位置し、『出雲国風土記』に「美佐伎社」と記される古社です。
神社は下の宮「日沈宮(ひしずみのみや)」と上の宮「神の宮」という上下二社からなり、両本社を総称して『日御碕神社』と呼びます。(出雲観光ガイドHPより)


神社に向かう山道の隙間から、チラっと見えるビューポイントで
izumo-31

山間&海沿いに、この朱に塗られた社殿が映えていました。

izumo-32

正面には下の宮「日沈宮(ひしずみのみや)」があります。
こちらは神話の中で須佐之男命の姉とされる天照大神(あまてらすおおみかみ)が祀られています。

この「日沈宮」は【伊勢大神宮は日の本の昼の守り、出雲の日御碕清江の浜に日沈宮を建て日の本の夜を守らん】 (伊勢神宮が「日の本の昼を守る」のに対し、日御碕神社は「日の本の夜を守る」) との神勅により祀ったのが始まりと言われています。

izumo-33

楼門をくぐると右手階段の上の小高いところに「神の宮」があり、
こちらには須佐之男命(すさのおのみこと)が鎮座しています。

出雲の国造りをした須佐之男命が根の国(黄泉国)より、「吾が神魂はこの柏葉の止まる所に住まん」と柏の葉を投げて占ったところ、柏葉は風に舞いこの神社背後の「隠ヶ丘」に止まったということです。


izumo-34


御神砂之碑
izumo-35

日御碕神社の御神砂は古来地鎮祭の鎮めものとして用いられるがこの御神砂を東京都狛江市の堀田靖二氏が戴きたまたま交通事故で瀕死の重傷の方々につけられたところ一命を取りとめ医師も不思議がる程短期日に全快し車酔が直り又病後回復促進に霊妙なお蔭を戴かれた方々が多数となったので今度より普之日御碕大神の御霊現の程を世に顕揚せんとしてこの碑を建てるものである。



実はここ、めちゃくちゃパワーポイントだそうです。
地元の方に聞くと、出雲大社さんより位が高いそうです。
霊感が強い方は、こんな西の端っこにある田舎の神社に引き寄せられるように来られるんですよ!っておっしゃられていました。


確かに、こんな山間の海沿いの小さな街に、朱塗りのこんな立派なお社があるのは不思議な感じでした。

っていうか、大社さんよりも気持ちがシャンとするというか、何かが心に訴えてくるっていうか・・、パワーを感じました。

テーマ : ゆっくり、自由に、一人旅 - ジャンル : 旅行

出雲の海鮮を食す! ~出雲旅4~

おいしいお魚が食べたい!って地元の方に聞いてみたら、
それなら「出雲の海鮮お食事処:いさりや」さんがいいよ~!
って教えてもらったので、行ってきました


市場直送の新鮮な魚介をふんだんに使った料理だから、お魚好きにはたまらないかも!
名物の「海鮮丼」がオススメだけど、
お刺身もフライもあるし、定食みたいにオーダーもできるよ~!
って言われたので、たのしみ


まず、席に着くなりお願いしたのがビール
岩盤浴で汗を出した体にしみこむ~


そして、メニューをガッツリみたあとに頼んだのがコレ
「とびうお」のおさしみ! なんとこれで350円

izumo-17


とびうおって、甘い美味いたまっらん
ってことで、ひとくち食べるたびにニヤニヤして・・・
きっと変な子だと思われてたと思いますっ(笑)



とびうお
このとびうおは出雲の県魚だそうです!知らなかった。
別名「あご」とも呼ばれ、おみやげ物のすり身などに使われています。
ってきいたら、食べないとね~



美味しいお魚にはやっぱり日本酒やんね
ってことで、出雲の地酒をいただきました



そしてこれが名物の【海鮮丼】
izumo-18

通常の7種類の具材(まぐろ、たい、ひらめ、いか、えび、いくら、本日の一品)に、
ウニをトッピングしちゃいました


ビールに、日本酒に、っていただいたので、
ご飯は小盛りにしてもらいました


もうコトバは必要ないよね!
めちゃくちゃ美味しい



このお店を紹介してくださったIさんに感謝


いさりや 本店
出雲市高岡町451-3
TEL:0853-23-1961


次回、また出雲に行ったら必ずココに行きます

テーマ : 美味しくて、オススメ! - ジャンル : グルメ

出雲で岩盤浴! ~出雲旅3~

今回の旅の目的は「浄化&デトックス&パワーアップ」
ということで、出雲でも岩盤浴してきちゃいました

izumo-19

今回お世話になったのはココ「UBUD」。
あのバリ島のウブドの癒し&スピリチュアルな空間をイメージしているということで、名付けたそうです。


休憩ルーム
izumo-20

バリっぽい装飾で、こころが和みます



そしてメインの岩盤浴はこんな感じ。
izumo-21

久々に暑い岩盤浴でした。
このうちが15分以上入っていられないぐらいだから、かなり暑かったと思われる。
でも、いい汗かけましたぁ~

izumo-22

ホテルリッチガーデンさん
島根県出雲市天神町860-10 
TEL:0853-25-3356

「UBUDO」さんはここの2階にあります


実は、宿泊客の女性は岩盤浴(90分)が無料になるというので、
出雲駅から少し離れているけど、このホテルに決定したんです

ガッツリ90分あせだしたので・・・、次はご飯だ

続きを読む »

テーマ : ダイエット・美容・健康 - ジャンル : ライフ

出雲そばを食す! ~出雲旅2~

出雲といえば、やっぱり「そば」を食べなきゃね!
いろいろ調べて、出雲駅前にあるココ「羽根屋」さんに行ってきました

izumo-15

JRの出雲駅からちょっと歩くんだけどどうせなら「本店」で食べたくて、
テクテク歩いて行ってきました


名物の「割りこそば」をいただきました。
でも天ぷらもおいしいよ~って書き込みがあったので、追加しちゃいました

izumo-16

出雲独特の「割子」という器に入った冷たいそばが有名。
出雲では「薬味」と「だし汁」を割子にぶっかけて食べる!
というのが基本の食べ方だというので、その食べ方に従ってみる。

ちょっと甘めのだし汁だった気がするけど、おそばの風味はいい!
のど越しもつるん!としてるし、あっさりしているので、
たぶんあと2杯はおかわりできちゃうって感じかな(笑)


献上そば 羽根屋
島根県出雲市今市町本町549
TEL:0853-21-0058


献上そばの由来
明治四十年五月二十七日、大正天皇がまだ東宮の御時、山陰地方に行啓され出雲市に御宿泊になった折、弊店のそばをさし上げたところ、田園の香りをうつしたその風味がことの外御意に召し、それ以来このそばに「献上そば」の名をお許しになりました。(~お店のHPより~)

テーマ : 美味しくて、オススメ! - ジャンル : グルメ

気ままに一人旅 ~出雲へ1~

ここんとこ、嫌なことが多かったし、
いいことがなかったので、浄化&パワーアップの旅に出ちゃいました

向かった先は・・、【出雲大社】

izumo-10


伊丹空港から出雲空港へたった1時間のフライトで、あっという間に出雲に到着。
めちゃくちゃ来たかった出雲・・、こんなに近かったんだ・・。

izumo-12

松並木を歩いているだけで、リンっとするというか・・、
清らかな気持ちになるから不思議。

やっぱりココ出雲はパワースポットなんだと実感




izumo-13

松並木を抜けたところにあるのが、
海に向かって祈りをささげている大国主大神の像。

「幸魂(さきみたま) 奇魂(くしみたま)の「おかげ」をいただいて
「ムスビの大神」になられた」との説明が。



izumo-14

また反対側には、大国主大神と兎の像が。
「因幡の白うさぎ」のお話の説明がありました。




で、やっぱり本殿

izumo-11


現在、平成の大遷宮の工事中で、御仮殿だったんだけど、
この場所に立つと心が洗われた気になりました。

ん~っ、来てよかった

テーマ : ゆっくり、自由に、一人旅 - ジャンル : 旅行

あぁ~っ 海に帰りてぇ~っっ

komodo-umi1

あ~っっ 海 帰りてぇ~

テーマ : ダイビング - ジャンル : スポーツ

| ホーム |


 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。